おもちゃ

子どもの目の前でおもちゃを直してあげる事によって、おもちゃに対する深い愛情が湧きますし、おもちゃを大事に扱うようになります。

困難なすぎるおもちゃでは遊ぶ意欲が湧きませんし、簡単すぎるおもちゃでも関心が湧きません。

同じボールや積木でも、年齢によって遊びが変化します。

成長に合ったおもちゃでないと娘はもうに飽きてしまいます。

他のものと組み合わせて遊べるおもちゃや遊び方を独自性できるおもちゃを与えるようにしましょう。

おもちゃのパッケージに書いてある年齢はあくまでも目安です。

初めから特定の遊び方しかできないおもちゃではなく、遊びのアレンジが利き、応用力が付くおもちゃの方が子どもの想像力をかきたてるようです。

子どもの発展や発達に合わせたおもちゃを選択してであげましょう。

1人で遊ぶテレビゲームもいいですが、複数で楽しむおもちゃを選択してであげましょう。

年齢を問わず遊べるゲームなどは、コミュニケーションのツールとしても最適です。

できるだけ壊れにくいおもちゃ、壊れても直ちにに修理可能なおもちゃが良いでしょう。

我が子はおもちゃで遊びながら社会性やルールを身につけていきます。
子供 タンス