時効

長期間にわたり権利を放置した者は、他者の利益を守るためにその権利を奪われても仕方がない(権利の上に眠るものは保護に値しない)事。

時効とは、ある事実様子(例を挙げると他人の土地の占有)が一定期間継続した場合、その事実様子に応対する権利結びつきを認める(例を挙げるとその土地の所有を占有者に認める)システムです。

時の経過と共に証拠が失われ、真の権利者といえども権利者である事の立証が困難になるためそれを救済する必要がある事。

時効は、ある者が占有により一定期間、権利者であるかのような状態が継続した場合に、その者を権利者と認める取得時効と、ある権利が一定期間、存在しないかのように行使されないステータスが継続した事例に、その権利の消滅を認める消滅時効とに大別されます。

これは、反対に言えば真の権利者が所有権などの権利を失う事ともなりますが、長期間継続した事実状態は社会においても信用され、それを基に様々な法律関係が築かれるものですが、そのような事実状態を権利として保持し、法律関連を安定させる不可欠がある事。

という訳により正当化されるものと考慮しられています。 
消滅時効の援用